2016年3月27日アーカイブ

戦国無双で修羅場

| コメント(0)

戦国無双で修羅場のベストに立つ! 学生時代から功績が大好きだったわたくしなのですが、 そんな私のスピリットを凄まじく揺さぶる夢のような娯楽が在ると分かり、早速購入してみました。 表題は"戦国無双"!なんて素敵な表題なのでしょう。 ちなみにこの娯楽は、ショップの友人A氏から勧められて、先ずはA氏に柔和と娯楽チャンスを借りて娯楽しました。 そもそも娯楽チャンスのことはまったく無知だったので、貸してくれたA氏には謝辞しか有りません! そして、オフの昼下がり。意を決して、いざ修羅場へスタート。 私の大好きな人物は言わずと知れた天下の武将、織田信長。そうして、浅井長政の奥方・お市。 更に明智光秀。そもそもどの人物もルックスが満点すぎる上に、 娯楽の合間に溢れるアニメーションの動画ビューティーが正にエラい。臨場印象洩れる修羅場の実情に、スピリットが奪われる一方です。 そして何と言っても、どんどん敵陣を攻め込み、ベースを収拾したときの潤いというポイント! 仮に疲れて帰ってきても、先ず修羅場に立てば、切歯扼腕も一気に吹き飛ぶ対処。 今ではA氏に借りた柔和と娯楽チャンスをちゃんと仕返しして、カスタムを購入しました。 お陰様で、私の書棚には戦国無双関連の娯楽柔和が立ち並んでいます!

マリオ愛だけはブレることが無い

| コメント(0)

一世を風靡した遊戯と言えば? 僕は昭和の後半に生まれた、年代でいうと20代後半の遊戯好きなのですが、 私の会社には通称遊戯無職というものが色々居て、 いつもごはん時になると遊戯の申し立てで盛り上がっています。 例えば現在嵌っている遊戯について語り合ったり、突破情報を交換し合ったり、 主軸なフェチたちの対談になると、クリエイターの申し立てで談義していたり。 って、そんな身なりなのですが、かりに遊戯フェチとはいえ、僕は未だ無知なユーザーで、 通称王道遊戯についての記載しか持ち合わせていません。 だが最近は、平成お年の手先たちも目立ち、年代の違いによるブレイクに関しまして語り合う機会が多いのですが、 たとえば私の年頃から上の年頃では、最終夢想や、ドラゴンクエストが一世を風靡した遊戯で、 前者派か、後者派かで申し立ても気分をあげるのですが、 僕より下の年頃では、龍が如くなど。 どちらかというと、よりリアルなワールドを追求したような、遊戯が一世を風靡したようです。 とはいえ、全年頃が愛して止まないのは、やはりマリオ。マリオ愛だけはブレることが無いようです。 年頃を通じて、流行ったものが違うとはいえ、こうして話しているといった正におかしい! 自分が分かるもの以外にも面白いものに会える機会が高まるし、何よりも交流の立場が華やぎます。 というわけで、僕は早速龍が如くという遊戯を通じてみることにしました!

MTBlog50c2BetaInner

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.13